101-400(Ver4.0)の出題範囲変更のメリット

2015年6月1日(予定)より、改訂後の出題範囲のバージョンは、Ver4.0となります。
LPIC-1またはLPI認定レベル1はLinuxのすべてのディストリビューションに共通する、Linuxの専門家のための基本的なスキルをカバーするために必要な試験です。LPIレベル1認定資格を取得したかったら、必ず101-400(LPI Level 1 Exam 101, Junior Level Linux Certification, Part 1 of 2)試験と102-400(LPI Level 1 Exam 102, Junior Level Linux Certification,Part 2 of 2)試験を合格しなければなりません。

Ver4.0のリリースによる受験方式の変更:

新バージョン(Ver4.0)がリリースされてから「6ヶ月間」は、旧バージョン(Ver3.5)も受験することができます。
バージョンに関係なく、101-400試験と102-400試験に合格すれば、LPICレベル1に認定されます。

101-400(Ver4.0)の出題範囲変更のメリット:

メジャーなディストリビューションで使われている「systemd」の採用など、新しく使われるようになっているツール類を取り入れ、各出題範囲の重要度を見直すことにより、最新の技術的な変化に対応します。

101-400出題範囲変更の概要:

(1) systemd
ブートプロセス、ブートターゲット、ジャーナルサブシステムを管理するsystemdの使用が追加されました。
(2) ログインマネージャ
xdm、kdm および gdm は認知レベルに引き下げ、ログインマネージャとして LightDM マネージャが追加されまし た。
(3) 新しいコマンド
(4) 新しい技術の追加(認知レベル)
次の技術が認知レベルで追加されました。
Btrfs
rsyslog
syslog-ng

Testpassportの101-400問題集は品質がよくて、値段が安くて、絶対IT業皆様の最優秀選択です。
弊社の101-400参考書は常に認定試験の情報に関心を持っています。もし、101-400試験内容を変更したら、早速お客様に知らせます。そして、更新版があったら、お客様に送ります。
弊社の101-400(LPI Level 1 Exam 101, Junior Level Linux… Continue reading