C2150-624問題集、C2150-624認証試験、C2150-624参考書、C2150-624勉強資料、C2150-624テスト情報

TestpassportのIBM Certified Associate Administrator C2150-624問題集は、あなたがこの非常に専門的な試験に直面する準備ができようにする保証するためにあなたの全体をカバーし、良質の試験情報を提供します。
IBM Certified Associate Administrator C2150-624認証試験に参加者に対して30時間ぐらいの短期の育成訓練でらくらくに勉強しているうちに多くの知識を身につけられます。
弊社のIBM Certified Associate Administrator C2150-624参考書を選択し、試験の情報が含まれています。
正式のIBM Certified Associate Administrator C2150-624の検査の前に模擬試験も非常に効果的に必要です。
弊社のIBM Certified Associate Administrator C2150-624勉強資料を使用すると、一度簡単に成功することを保証できます。

C2150-624テスト情報:

質問数:60
時間は分で許されます:90
必要な合格点数:63%
言語:英語

C2150-624の準備をするためには、実践的な製品経験を持ち、この認証が構築された職務内容とテストの目的(テストで測定されたスキル)に精通していることが推奨されます。 自分の技術水準と以下のテスト目的やトレーニングリソースを比較し、必要な準備を自分で決定します。 これらの教育機関は、認定試験を受ける前にお勧めしますが、必須ではありません(*)。 ソースは、テストで測定されたスキルを総括的にカバーしています。

C2150-624テストは6つのセクションで構成され、合計で約60の多肢選択式質問が含まれています。各セクションタイトルの後のパーセンテージは、セクション全体にわたる合計質問セットのおおよその分布を反映しています。

セクション1 – アーキテクチャのコンポーネント(8%)
QRadarのコンポーネントと用語(QFlow、EPS、ECS、CRE、Console、Magistrateなど)を説明してください。
QRadarダッシュボードを解釈します。

セクション2 – 計画と設置(15%)
QRadarのモデルと性能レベル(可能なマッチング)を記述する。 (環境ハードウェア要件、ストレージ要件、ストレージ保持、コンプライアンスの決定)。
ディザスタリカバリ/ HA DRのインストールと実装の計画手順を実行して適用します。
ログとフローソースを区別します。
ライセンスの制限とレベルを解釈する。
構成とデータのバックアップを適用します。

セクション3 – 管理タスク(33%)
新しいデータソース(ログ、フロー、wincollect)のアタッチ方法を示します。
QRadar内の管理役割を説明する。
システムライセンスを実装します。
ユーザーアカウントと役割アカウントを実装します。
バックアップと復元のプロセスを適用します。
参照セットを管理する。
ネットワーク階層を適用する(IPアドレスを管理する)。
資産データベースの使用。
データ保持を実行および管理する。
イベントおよびフロー保持構成を適用します。
基本的なPostgress SQL(PSQL)の知識を示します。
基本的なAriel Query Language(AQL)の知識を実証する。
QRadarテンプレートを使用してレポートを生成、変更、解釈します。

セクション4 – 移行とアップグレード(11%)
コンソールの移行に必要な手順を説明し、実行します。
ハードクリーニングとソフトクリーニングの違いを区別してください(Reset SIM)。
アップグレード時にコンソールを実行するために必要な基本コマンドを実行します。
各アップグレードタイプの基本的な手順を説明します。 自動化対手動/ HA対スタンドアロン展開(アップグレード中のプロセスフロー、コンポーネントのアップグレード順など)。
どのバージョンからのアップグレードパスを説明するか。

セクション5 – 設定、監視、調整(実装)(14%)
さまざまなシステム監視ダッシュボードを記述します。
ルールチューニング(作成、削除、変更の方法)の基本的な知識を示します。
QRadarアーキテクチャの構成を実演してください。
システムの状態を判断するためにキーコマンドを使用する方法を示します。

セクション6 – トラブルシューティング(18%)
EPS、FPS、パフォーマンスを解釈します。
基本的な障害回復手順、HA DRを説明してください。
RegExでのルールと表現のデモンストレーション
ログの場所を記述します。
ダッシュボードでエラーメッセージを解釈します。
トラブルシューティングのために利用可能なサービスを使用してください(何を確認するのか、理由)。

弊社のIBM Certified Associate Administrator C2150-624練習問題集が本当に人々に恩恵をもたらすことができて、速く自分の夢を実現することにヘルプを差し上げられます。
弊社はずっとIBM Certified Associate Administrator C2150-624トレーニング資料をアップグレードしていますから、提供して差し上げた製品は一年間の無料更新サービスの高いものがあります。
弊社のIBM Certified Associate Administrator C2150-624勉強資料はあなたを一回で試験に合格させるだけでなく、C2150-624認定試験に関連する多くの知識を勉強させることもできます。
IBM Certified Associate Administrator C2150-624無料サンプルをご参照ください

1.Administrators on versions of IBM Security QRadar SIEM older than V7.2.4 must use a specific upgrade
path to transition to newer software versions. These requirements are outlined in what technical
document?
A. Fix Level Recommendation Tool
B. IBM latest firmware release notes
C. QRadar Software upgrade progress technical note
D. IBM System Security Interoperation Center (SSIC)
Answer: C
Explanation:
Most of the upgrades of IBM products are available in technical notes. IBM security Qradar SIEM upgrade
process and information can be obtained through technical notes that IBM publishes on the web.
Reference http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg27038118

2.What is a precaution an Administrator should take before beginning an upgrade of IBM Security QRadar
SIEM V7.2.8?
A. Close all open offenses.
B. Purge old data and events.
C. Check and close all open messages.
D. Confirm that a backup of the data is complete.
Answer: D
Explanation:
The first precaution listed in the IBM document states that the administrator should backup data before
preparing for software upgrade. Backup of the current settings is important because if anything bad
happens during the upgrade, you can always revert back to the original settings.
Reference http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg27048793

3.After downloading the <QRadar_patchupdate>.sfs file from Fix Central, what is the next step to upgrade
IBM Security QRadar SIEM V7.2.8?
A. Log in to the console as the Admin user-> Admin tab -> Advanced Menu -> Clean SIM Model.
B. Log in to the console as the Admin user-> Admin tab -> Advanced Menu -> Upgrade option.
C. Use SSH to log in to the system as the root user -> Run the patch installer with the following command:
/media/updates/upgrade_qradar.
D. Use SSH to log in to the system as the root user -> Copy the patch file to the /tmp directory or to
another location that has sufficient disk space.
Answer: D
Explanation:
Download the fix pack to install QRadar 7.2.8 Patch 1 from the IBM Fix Central website: http://
www.ibm.com/support/fixcentral/swg/quickorder?parent=IBM%2BSecurity&product=ibm/Other+software/
IBM+Security+QRadar+SIEM&release=7.2.0&platform=Linux&function=fixId&fixids=7.2.8-QRADARQRS
IEM-
20161118202122&includeRequisites=1&includeSupersedes=0&downloadMethod=http&source=fc
Using SSH, log in to your system as the root user.
Copy the fix pack to the /tmp directory on the QRadar Console. Note: If space in the /tmp directory is
limited, copy the fix pack to another location that has sufficient space. To create the /media/updates directory, type the following command: mkdir -p /media/updates
Reference http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg27049111

4.An Administrator working with IBM Security QRadar SIEM V7.2.8 needs to enable the PCI report
template.
What is the procedure to accomplish this task?
A. Admin Tab -> Reports -> Templates -> Compliance -> PCI -> Select “Enable”
B. Report Tab -> Enable “Show all templates” -> Group List -> Compliance -> PCI
C. Reports Tab -> Clear “Hide Inactive Reports” box -> Group List -> Compliance -> PCI
D. Admin Tab -> Reports -> Templates -> Compliance -> PCI -> uncheck “Hide Template”
Answer: C
Explanation:

5.An IBM Security QRadar SIEM V7.2.8 Administrator assigned to a company that is looking to add
QRadar into their current network. The company has requirements for 250,000 FPM, 15,000 EPS and
FIPS.
Which QRadar appliance solution will support this requirement?
A. QRadar 3128-C with Basic License
B. QRadar 2100-C with Basic License
C. QRadar 3128-C with Upgraded License
D. QRadar 2100-C with Upgraded License
Answer: C
Explanation:
The upgraded license of Qradar 3128-C has 300k FPM and 15000 EPS and FIPs. Therefore the Qradar
3128-C with upgraded license is the best choice for the company.
Reference https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/SS42VS_7.2.8/com.ibm.qradar.doc/
c_hwg_3128_allone.html